Interview #08

菊池 優奈

パーティハンター

全ての社員にとって、
エスクリが「第二の家」のように思える
居心地の良い場所にしたい!

人との関わりに惹かれて

私は小学生のころから、エスクリに入社するまでの間、水泳一筋な人生を送っており、1週間で80キロ以上も泳ぎこむことがある時期もあるほど、ハードな毎日を過ごしてきました。その努力の甲斐もあり、日本選手権や国民体育大会、インターハイなどで優勝し、日本代表になるという目標を叶えることができました。
水泳を引退し、社会人として新たなステージを探すにあたり、私は「人との関わり」を軸にして、就職活動をおこないました。エスクリのスタッフクリエイトという社名の由来にもあるよう、お客様はもちろん、社員も同じように大切にしているというところに惹かれ、エスクリを選びました。

スタッフクリエイト」を日々体感

実際に入社を決めてから、まさにスタッフクリエイトだと思うことが何度もありました。 内定式や入社式は盛大におこなわれ、私たちを手厚く迎え入れてくれる気持ちが存分に伝わりました。 また、入社時の宿泊研修ではハイキングや火起こしなど、非日常の環境で力を合わせて作業をおこなう場面が多く、協力することの大切さを改めて感じました。 社名の由来通り、人財を大切にしてくれるところが本当に魅力的だと改めて感じています。

パーティハンターを背負う存在を目指して

私は、「パーティハンター」という、主にエスクリの結婚式場で結婚式をおこなっていない平日のバンケットを対象にして、イベントや法人営業をおこなう部署で働いています。 ブライダル企業とは言え、お客様は企業様が多いので、仕事内容も幅広く、多くのことを学ぶことができ、毎日刺激をもらっています。
何も分からない私に、優しい先輩方が仕事内容を1からレクチャーしてくださり、初めは緊張していましたが、とても明るい部署で優しい方ばかりなので、すぐに緊張もほぐれ、今は毎日楽しく出勤しています。 ランチの時間に、おいしいランチを探索することが密かな楽しみです!(笑)
休日は休日らしく、友人とショッピングをしたり、おいしい物を食べに行ったりしています!プライベートもしっかり充実させられていることが、仕事を頑張れる理由なのかもしれません!
今のうちに先輩からたくさんのことを吸収して、1年後にはパーティハンターを背負うような存在になっていることが今の私の目標です!