ENTRY

Company会社について

Staff Create

時代が変わっても、
「人の力」は変わらない。

信頼できるスタッフ、
信頼できるチームで、

顧客の期待を超えていく。

エスクリという社名は
「STAFF CREATE」という言葉に由来しています。

人の力をコアバリューとし、
多様なスタッフが能力や専門性を最大限に発揮し、

お互いに活かし合える企業体をめざしています。

能力の高いスタッフが
最高のサービスでお客さまに満足させる。

「人財の力」で成功を収めていく、
人が主役のビジネスをつくっていきます。

Messageメッセージ

当社を取り巻く経営環境は、新型コロナウィルス感染症の拡大により、
かつて経験したことがなく不透明な状況にあります。そうした中、
次の目的のために SBI ホールディングス株式会社および
株式会社ティーケーピーと資本業務提携を締結いたしました。

SBIホールディングス株式会社とは、SBIグループの有する商品やサービスの
提供を受けることでCRM施策等に注力し、
中長期的な事業成長や収益性の向上を目指してまいります。

また、株式会社ティーケーピーとは、「with コロナ」の世界における
新たな商品・サービスの開発や業務効率化を徹底し、
両社がこれまで積み重ねてきたノウハウを相互に活用いたします。

今後も、この難局の克服に努力を積み重ねてまいりますので、
引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 CEO 渋谷 守浩

About会社概要

商号 株式会社エスクリ
設立 2003年6月
本社所在地 〒105-0003 東京都港区西新橋2-14-1
興和西新橋ビルB棟
資本金 5,000万円(2021年3月31日現在)
上場市場 東京証券取引所市場第一部
証券コード 2196
上場日 2010年3月5日
役員

取締役 会長ファウンダー 岩本 博

代表取締役社長 CEO 渋谷 守浩

取締役 CFO 吉瀬 格

社外取締役 河野 貴輝

社外取締役(監査等委員) 後藤 健

社外取締役(監査等委員) 木村 喬

社外取締役(監査等委員) 角野 里奈

従業員数 1,068名(2021年3月31日現在、グループ全体)
事業内容 挙式・披露宴の企画・運営を行うブライダル事業
連結子会社 株式会社 渋谷
顧問弁護士

奈良総合法律事務所 荒木 秀夫 弁護士

松尾綜合法律事務所 菊間 千乃 弁護士

アクセス

虎ノ門駅 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」(1番出口)より徒歩7分

内幸町駅 都営地下鉄三田線「内幸町駅」(A3出口)より徒歩7分

新橋駅 JR線(烏森口)・東京メトロ銀座線・浅草線「新橋駅」(A2出口)より徒歩10分

History沿 革

2003
6月
株式会社エスクリ設立
2005
3月
1号店 「ア・ラ・モード パレ&ザ・リゾート」オープン
2008
4月
ドレスショップ「プリマカーラ」オープン
オリジナルジュエリーブランド「ラグナクオーレ」スタート
8月
フラワーアトリエ「ラグナプリエ」
2009
9月
国内5会場をオープン
2010
3月
東京証券取引所マザーズに株式上場
4月
ヘアメイク「プリマアルテ」
2011
5月
レストラン「ラグナヴェールPREMIER」オープン
2012
4月
宴会事業「パーティハンター」
6月
国内10会場をオープン
11月
東京証券取引所 市場第一部に市場変更
2013
5月
株式会社渋谷M&A
2014
10月
国内15会場をオープン
2015
3月
第9回IPO対象 グロース部門受賞
7月
国内20会場をオープン
12月
海外事業「ESCRIT HAWAII」設立
2017
8月
国内30会場をオープン
11月
WINELIST 事業開始
2020
3月
国内33会場目となる「ラヴィマーナ神戸」運営開始
7月
株式会社ティーケーピーと資本業務提携開始
SBIホールディングス株式会社と資本業務提携

Work styles多様な働き方

多様な人材が働く環境を整備するため、

社員の理解を促す取組みをしています。

女性活躍推進企業の認定

  • えるぼし

    「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく認定制度です。女性活躍推進に関する状況などが優良な企業は、労働局への申請を経て、厚生労働省から認定されます。厚生労働省「女性活躍推進法特集ページ(えるぼし認定)」

  • 準なでしこ

    経済産業省と東京証券取引所から、 2012年度より女性活躍推進に優れた上場企業を「なでしこ銘柄」「準なでしこ銘柄」として選定されます。

  • くるみん

    次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣より認定されます。

女性活躍推進に関する取組み

女性の産前産後の不安解消・子育てと仕事の両立支援のため、各種取り組みを行っています。

働きやすい環境の整備

働きやすさ向上のための年間休日の増加 年間休日を108日→120日。月の公休を増やし、繁忙に合わせた季節休暇を拡大。
相談窓口の設置 社内のハラスメント窓口を設置。加えて、無料かつ匿名での外部相談窓口を設置。
時短勤務者の評価制度の改定 時短勤務によって不利になることがないように評価制度を改定。

女性の産前期間の不安解消と
体調管理しやすい環境を整備

「スタート面談」の実施

安心して産前期間を過ごせるように体調面や業務面で

配慮してほしいことを上司や人事担当者と面談。

通院時間の確保 体調管理のため、勤務時間中に検診のための通院時間を確保

産前産後制度の拡大と男性の休暇取得促進

産前休業の拡大 取得できる産前休業を法定の産前6週から産前8週に拡大
男性の育児休暇取得促進

子どもが誕生した日から翌々月末までの間に最大8日間の休暇取得を推奨

(出産時の立会にも使用可能)

復職前面談を実施し円滑な復職を支援

「カムバック面談」の実施

復職後の働き方を具体的にイメージしてもらえるように勤務時間の希望等について、

上司や人事担当者と面談。

復職後における子育てと仕事の両立を支援

慣らし保育応援 子どもの慣らし保育期間中の出勤を免除。
短時間勤務 育児短時間勤務を、子どもが小学校入学まで拡大。
子の看護休暇の拡大 子の看護休暇を、子どもが中学校卒業まで拡大。
時間外勤務の制限 時間外勤務の制限を、子どもが小学校入学までに拡大。
子の看護休暇の拡大 子の看護休暇を、子どもが中学校卒業まで拡大。
ベビーシッター利用補助制度

育休からの復職後、現場への復帰を促進するため、
日祝日のベビーシッター利用に関する補助を行います。

Other

initiatives

その他の取り組み

多様な人材が働く環境を整備するため、社員の理解を促す取組みをしています。

労働時間の適正化に関する取組

長時間労働の抑制や、業務効率化を促進しています。労働時間の見える化や年間休日を増やし、社員の残業時間削減を管理職者の評価項目に入れています。

女性相談窓口の設置

チームを設置し、女性からの相談に対応しています。仕事内容や勤務にはじまり、子育てに至るまで幅広く受け付けています。

管理職者向けマネジメント研修

多様な人材をマネジメントするため、管理職者向けの研修を行っています。社員の性別や年齢に関わらず、それぞれが最大限のパフォーマンスを発揮できる環境づくり、特に女性活躍の観点で偏りが生まれないことを目指しています。また、マネジメントにより成果が発揮できたか検証しており、評価に反映しています。

全社員向け研修

性別や年齢に関わらず、協力協調することを目指し、研修を行っています。特に多くの女性が活躍する職場であるので、お互いを尊重する風土を醸成しています。

女性社員向けキャリアアップ研修

ライフステージによる、キャリア形成に関する不安を解消するために、女性社員向けのキャリア形成研修を行っています。また、将来の女性幹部・役員の任命を目指し、候補者の選定や育成計画をすすめています。

ESCRIT Family Festival 開催

時短勤務・育児休業中の社員とその子供達を職場へ招待し、夏祭り、クリスマスパーティ等、家族同士の交流の場・育児休業中の社員も会社とのつながりを感じてもらえるようなイベントを開催しています。

健康経営推進

  • スポーツエール
    カンパニー

  • Sport in Life

  • 健康経営優良法人

サービス品質向上

  • ブライダルサービス宣言

  • おもてなし規格認証