ENTRY

Planner

Hiromi Yabuta

籔田 宏美 | プランナー

結婚式はおふたりとおふたりの

大切な方々を繋ぐ“最幸のGIFT”

たくさんの想いを込めながら一緒にカタチに

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

結婚式が大好きなスタッフがひとつのチームになって、新郎新婦様の特別な一日をお手伝いさせていただいている所です。結婚式当日に携わらせていただくスタッフは多く、プランナー以外にもサービスやシェフ、フローリストなど多岐に渡ります。どのセクションのスタッフも想いはひとつで、「新郎新婦様にどのようなご提案をしたら喜んでいただけるのか」をご退館されるその瞬間までずっと考えています。会話量の多さと仲の良さ、同じ方向を向いて創り上げている実感があるので、関わる人の数だけご提案の幅が広がり、新郎新婦様の結婚式の満足度が高まることが一番の魅力だと思っています。

だからこそ、ご提案の幅を広げるためにも、新郎新婦様に本音をお話しいただけるプランナーでいたいと思っています。会話の中で、「何か言いたそうだけれど、言葉に詰まっていらっしゃったな」など、新郎新婦様ご自身もお気づきでないような潜在的なご要望やご不安も、一緒に解決できたらと思っています。チームで創る結婚式の先導が私の役目だと思いますので、打ち合わせ期間は私が新郎新婦様の本音を引き出す力が大切だと思っています。新郎新婦様に届きやすい言葉やタイミングを意識しながら、おふたりの身近な存在として頼っていただき、その魅力を最大限にすることに努めています。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

新郎新婦様に「やりきった!」とご満足いただける一日をお過ごしいただけることです。結婚式は、普段は恥ずかしくて伝えられない感謝の気持ちを素直に伝えられる、魔法のような時間です。おふたりのお人柄やご要望にあわせて、その想いをどのようなカタチで表現するか、大切な方に届けるかを皆で考えご提案しています。どのスタッフも、おふたりの想いのバトンを受け取ったひとつのチームだからこそ、新郎新婦様の代わりに一番いいカタチで想いを届けることができます。

結婚式の中で私が必ず立ち会うようにしている場面は、退場の瞬間です。本当はご新郎様の謝辞を見ていたいのですが、その気持ちをぐっとこらえて、当日携わらせていただいたスタッフと扉の向こう側でおふたりのご退場を待ちます。大切な方からの盛大な拍手に包まれたおふたりが扉から出てきた瞬間、この時の表情が一日の全てを表しています。号泣されている方、満面の笑みの方、さまざまいらっしゃいますが、心の底から良かったと思っていただけたのかは一目で分かります。新郎新婦様にとっても、退場した瞬間に目に飛び込んできた光景が、プランナー含め携わらせていただいたスタッフたちであることを嬉しく感じていただけたのであれば、最幸の一日になった証なのではないかなと感じます。また、そんな存在になることをチームの一人ひとりが目指して結婚式を創っています。

籔田さんにとって結婚式とは?

“最幸のGIFT”だと考えています。うまく言葉にできないのですが、「結婚式って本当にすごい」と思っています。山あり谷ありの人生の中で、新郎新郎様をそれぞれそばで支えてくれた大切な方。そんな大切な方々を思い浮かべながら、「喜んでくれるかな?」「びっくりしてくれるかな?」と、まるでGIFTを選ぶようにお料理や進行を決めていきます。だからこそ、その一日はそれぞれを繋ぐ最も幸せな記憶となりいつまでもGIFTのように残り続けると思っています。

私はそんな結婚式が大好きです。おふたりがこれまでの色々なことに想いを馳せ、たくさんの想いを込めながら、おもてなしや空間に溢れる幸せや感動を一緒に創らせていただけることがとても嬉しいです。だからこそ、新郎新婦様のことを誰よりも知り、大好きになって、おふたりの一番の理解者であり代弁者になれるように努めてます。おふたりのゲストと比べると一番浅く短い関係だと思いますが、結婚式はプランナー次第で大きく変わる。プランナーとしての提案力はもちろんですが、もっと深い心と心とのつながりに重きをおきながら、お話をさせていただくことを大切にしています。新郎新婦様に、信頼して任せていただけることで、おふたりとおふたりの大切な方々を繋ぐ“最幸のGIFT”を創らせていただければと思っています。

Planner

Katsuya Hirai

平井 克弥 | プランナー

おふたりにとって特別な場所になる結婚式場だからこそ

10年後も20年後も続く関係を目指してご提案をしたい

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

幅広いご要望にお応えできることです。1,000組いらっしゃったら1,000通りの結婚式があります。新郎新婦様によってご招待される方の顔ぶれ、こだわりたいポイントやご要望はさまざまですが、スタッフの提案力でおふたり色に染めていただけることが、エスクリウェディングの魅力です。例えば、ご家族だけの会食を希望される方がいらっしゃったとします。理想のチャペルではあるもののパーティ会場が広いことを懸念された場合は、空間の使い方をご提案することで、おふたりがご納得される理想の結婚式場に変わります。新郎新婦様に本音をお話いただいた分、スタッフの力で空間やイメージを理想に近づけることができ、おふたりに満面の笑みが広がることを嬉しく思います。

私は新郎新婦様が初めて会場にお越しいただいた際に、ご案内をさせていただく役目を担っています。会場代表のような立場で、おふたりの結婚式をご提案をさせていただきます。だからこそ、結婚式を創る全セクションのスタッフの想いや姿勢、皆で考え抜いてお手伝いをさせていただく喜びも、新郎新婦様にお伝えしたいと思っています。おふたりのご要望だけでなく、ご期待いただくことも含め、その想いのバトンをおふたりの結婚式を創り上げる全スタッフにしっかり渡しています。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

新郎新婦様の結婚式が、より魅力的に彩られることです。当日まで目に見えない究極のおもてなしだからこそ、想像力が重要だと思っています。各セクションのスタッフが個でご提案するのではなく、経験と想像力をもってスタッフ間で意見交換をし、新郎新婦様の想いをカタチにできる方法を模索しています。おふたりが自信をもってゲストにお届けいただくおもてなしと巡り会っていただけるよう、さまざまな角度からご提案をさせていただきます。新郎新婦様のことを知りたいという気持ちと、真摯に向き合い続けることを大切にしているスタッフばかりです。そんなスタッフとのお打ち合わせをお楽しみいただきながら、ご不安に思うことも含め是非お気持ちをお聞かせください。

ソーシャルメディアが身近なツールになったからこそ、ご自身で情報取集をされる新郎新婦様も多くいらっしゃいます。新郎新婦様のご期待にこたえるためにも、私たちスタッフも日々変化するトレンドをキャッチアップし、自分たちの提案力を磨く努力をしています。また、全国に姉妹会場がたくさんあるため、全国の会場間で新郎新婦様にお喜びいただいた内容を共有し、ご提案の幅を広げるようにしています。どれだけ時代が移り変わっても人の力は変わらないと思いますので、ひとつひとつ丁寧に、スタッフ一丸となってお手伝いをいたします。

平井さんにとって結婚式とは?

“心が豊かになる場所”です。結婚式場の中は、笑顔に満ち溢れています。ブライダルサロンでは、キラキラした眼差しの新郎新婦様とスタッフが、楽しそうに結婚式当日について会話をしています。チャペルやパーティ会場では、ゲストと新郎新婦様が感動に包まれ、笑顔と涙で溢れています。結婚式場内はどこにいても笑顔に包まれている空間なので、そこにいるだけで私も自然と笑顔になります。そんな幸せな空間でお仕事をさせていただくことを嬉しく思いますし、他のスタッフも同じだと思います。新郎新婦様の結婚式をお手伝いしているスタッフが結婚式が好きで、キラキラしていることで、おふたりに安心してお過ごしいただけると思っています。

結婚式場内に漂う空気は、新郎新婦様も肌で感じられるものだと思います。一歩足を踏み入れたその瞬間からワクワクしていただいたり、早く打合せにいきたいと思っていただけるような、おふたりにとって居心地の良い場所になれたらと切に思っています。信頼関係ができることで、新郎新婦様の結婚式がもっと素敵に、もっと理想に近づけるのだと思っています。おふたりにとって特別な場所になる結婚式場だからこそ、10年後も20年後も続く関係になれることを目指してお話させていただいています。

Chef

Yoshiyuki Shiga

志賀 良行 | シェフ

新郎新婦様の「ありがとうの想い」や

「おもてなしの心」を料理で表現し

大切なゲストに届けたい

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

新郎新婦様の想いを、人の力と発想力でカタチにできることです。プランナーやサービスなど、どのセクションのスタッフもおふたりに喜んでいただきたいという一心で、想像力をかきたて会話をします。私はシェフという立場ですが、他セクションのスタッフからの料理以外の相談も多く、皆の新郎新婦様に対する熱量を日々感じています。話を聞きながらどういう意図で相談しているのかを深堀りし、「それは本当におふたりの想いをカタチにしているのか」という軸で、ご提案イメージを膨らませています。

料理そのものや料理にまつわる演出で、想いをカタチにすることもできます。だからこそ、トレンドを捉え、結婚式当日の会話が弾む料理に導けないかと常にアンテナをはっています。キッチンのスタッフ同士でも会話を重ね、自らプランナーやサービスに提案する時もあります。新郎新婦様のための料理を作ることが私たちの役目ですが、それは美味しい料理を作ることだけでなく、一日を盛り上げるための料理のご提案も含みます。新郎新婦様の想いに寄り添いながら、料理のプロとしてご提案ができることはさまざまあります。おふたりに「これなら私たちの想いをカタチにできる」とご決定いただいた内容を、私たちは結婚式当日に全力で創り上げたいと思います。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

新郎新婦様の満足度を高められることです。結婚式当日はおふたりの想いの集大成であるため、どのセクションのスタッフにもその想いが浸透した状態で臨むことが大事だと思っています。結婚式の前にはスタッフ全員でのミーティングがあり、新郎新婦様の想いをどこでカタチにしているのかを確認しています。私たちスタッフが新郎新婦様と同じ想いをもつことで、結婚式当日にゲストが一緒に盛り上げてくれるライブ感を鑑み、それぞれのセクションのスタッフがその場面にあわせた最高の見せ方をご提案しています。

私たちキッチンスタッフは、パーティの進行にあわせたベストなタイミングと、料理そのものがベストな状態で提供ができることに神経を尖らせています。これはどんなに素晴らしい料理人でもひとりでは成し得ないことで、キッチンスタッフ同士のチームとしての高いレベルが必要とされます。そして、そのチーム力はお皿にあらわれます。各セクションが共有してくれるパーティの進行状況や事前にすりあわせをした進行表を細かく確認し、タイミングを見計らって焼き上げる。また、ゲストのお食事のペースにあわせて盛り付けるなど、キッチンを先導するシェフとして、他セクションと連携を取りながらベストな一皿をお届けしています。

志賀さんにとって結婚式とは?

感謝の気持ちを伝える場であり、その「ありがとうの想い」や「おもてなしの心」を新郎新婦様に代わって伝えていただく方法が料理だと思っています。ゲストにとって、料理は楽しみのひとつだと思うからこそ期待にこたえたい。新郎新婦様の感謝の気持ちのカタチだと思うからこそ、どんな料理が提供されているのかご不安にならないように、丁寧に一皿一皿仕上げたい。ゲストにご満足いただけなければ新郎新婦様の絶対的な満足感はないと思っているので、その想いを背負って厨房に立っています。

結婚式の料理は特殊です。幅広い年齢層、ご出身地でお好みの味付けが異なるなど、さまざまな嗜好性の方がご列席されます。どの方にもご支持いただける食材、味付け、見た目を大切に、新郎新婦様の想いを届けたいと思っています。ゲストにご満足いただく料理を提供するためには、自分たちが納得する料理に仕上げることが大事です。そのため、お魚やお肉など主食材の火入れ、ソース、温度を特にこだわることで、美味しさを追求しています。また、限られた時間の中で何十人、時には百人前後のゲストのお皿を仕上げることも、結婚式ならではです。食材の仕入れ状況、パーティの人数や進行状況も見ながら、その時々にあったベストな一皿で、料理が会話を弾ませる一日を創りたいと思います。

Service

Ataru Yamazaki

山﨑 亜汰瑠 | サービス

ゲストの一番近い存在として

おもてなしをさせていただくからこそ

おふたりの想いをしっかり汲み取りたい

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

新郎新婦様の結婚式に携わらせていただくスタッフ同士のコミュニケーション量が多く、連携がとれていることです。結婚式当日の連携だけでなく、おふたりのご希望を叶えるご提案を、新郎新婦様を思い浮かべながらアイデアを出しあえる結束力が魅力です。それぞれのスタッフが自分の専門領域でのトレンド収集を積極的に行っています。新しいウェディングスタイルや感謝の気持ちの伝え方を、おふたりのイメージにあわせながらどう表現するべきかを意見交換し、丁寧にカタチにしています。スタッフのアイデア次第で、新郎新婦様にもっとお喜びいただけると思っていますので、この結束力でおふたりの笑顔をもっともっと引き出せたらと思っています。

また、結婚式の数日前には、携わらせていただく全スタッフで事前MTGも行います。サービスの基本になるタイムスケジュールや、ゲストひとりひとりへのサービスチェック、新郎新婦様の想いやこだわりポイントを全員で共有しています。新郎新婦様やスタッフの想いのバトンを受け取ることで、より心を込めてサービスさせていただくことができます。また、そのような想いを、結婚式当日におふたりの大切なゲストにお届けできることを嬉しく思います。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

新郎新婦様のご希望や願い、イメージを、100%から120%に膨らませることができることです。プランナー、お花、カメラマンなど、それぞれのプロフェッショナルが、おふたりと直接お打ち合わせをさせていただきます。新郎新婦様の想いを把握した上で、よりご希望に近づけられるよう、どのようなご提案ができるのかをサービスの意見も求められます。私たちサービスは、会場の導線や見せ方、ゲストの目線など、会場にまつわることは誰よりも知っています。新郎新婦様の想いやご希望、それぞれのプロフェッショナルの発想力、そこに当日をリアルにイメージできる私たちサービスの目線が加わることで、より魅力的なシーンをご提案できるようになります。おふたりの想いをのせる表現方法を、セクションの垣根を越えて日々会話しているところに、チームとしての結束力を感じます。

私たちサービスは、結婚式当日まで新郎新婦様と直接お話できる機会は少ないですが、おふたりへのご提案内容の中にはサービスの想いや意思も込められています。また、各セクションのメンバーから共有されるおふたりの想いはしっかりとインプットしています。当日はおふたりを先導させていただく大事な役割を担いますが、是非安心してお任せいただき、目一杯お楽しみいただければと思います。

山﨑さんにとって結婚式とは?

“人と人との絆が見える場所”です。私たちサービスは、結婚式当日に新郎新婦様に代わって、ゲストの一番近い存在としておもてなしをさせていただきます。ゲストにとって新郎新婦様とのご関係はさまざまだと思いますが、プロフィールDVDをご覧になりながら懐かしんでいらっしゃる様子や、たくさんの方に囲まれて笑顔が溢れるおふたりを見守る表情など、ゲストのおふたりに対する想いを一番近くで拝見しています。結婚式は映画やドラマのように、さまざまな感情が溢れる空間です。だからこそ、ゲストの感情に寄り添いながら、その方がより心地良いと感じていただけるサービススタイルへと臨機応変に対応することも意識しています。

「祝福」「感謝」「感動」、こんなにも色んな想いが交錯する場は、結婚式以外でなかなかないですよね。新郎新婦様がゲストに楽しんでもらいたいと想像しながら準備を進めていただいた、特別な一日です。私たちサービスはその想いをしっかりと汲み取り、新郎新婦様に代わりご招待されたゲストにおふたりの想いを届けることで、「世界で一番幸せなおふたりになっていただきたい」と切に思っています。そこにいる全員が温かい気持ちになり、正直な気持ちを伝えあえる。そんな時間を一緒に創らせていただきたいと思っています。

Dress Stylist

Yuka Mizutani

水谷 友香 | ドレススタイリスト

ご新婦様の「不安」な気持ちをドレスを通して

「安心」に変えて

誰からも愛される花嫁に

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

チーム力です。想像力を大切にしているスタッフが意見を出しあいながら、新郎新婦様がより輝ける一日を創り上げています。各セクションのスタッフと打合せを重ねていただきますが、その集大成は結婚式当日にならないと目に見えません。新郎新婦様にご準備いただいた内容が全て合わさった時に、自信をもってゲストの前に登場していただけるよう、他セクションの打ち合わせ内容や新郎新婦様の想いを汲み取りながら、自セクションのご提案に結びつけています。

私たちドレススタイリストは、おふたりの結婚式のご準備の中で一番最初に携わらせていただきます。最初だからこそ、不安な気持ちを抱えてドレスショップにご来店される方も多くいらっしゃいます。私たちはその不安を一度お預かりし、「自分が新郎新婦様だったらどう感じるのか」ということを常に考え寄り添い、おふたりの安心に変えていけるように心掛けています。新郎新婦様を想う笑顔を常に意識し、お迎えしたいと思っています。また、肌の露出が多い衣装選びだからこそ、気になることが手や目の動きにあらわれます。動きや一言一句を見逃さないことで、「すぐに気づいてくれる」と安心していただき、さまざまな想いをお話いただけたら嬉しいです。信頼してお任せいただけることで、新郎新婦様の魅力を最大限に引き出すご提案へとつなげ、おふたりの笑顔が溢れる一日を創りたいと思います。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

新郎新婦様が一番素敵な状態で、結婚式当日を迎えていただけることです。ウェディングドレスは一番最初にお選びいただくアイテムだからこそ、ドレスそのものに目がいきがちですが、結婚式当日はヘアメイクをし、ブーケもお持ちいただきます。ご新婦様の魅力を最大限引き出すためには、トータルコーディネートの視点が非常に大切ですので、お好みやイメージを伺いチャペルに佇むご新婦様を想像しながら、ドレスのご提案をしています。

衣装を決めた時の新郎新婦様の想いやポイントは全て、プランナーやフローリスト、ヘアメイクのスタッフに連携します。ご試着時に使用したブーケや、おすすめのヘアメイクなど、新郎新婦様とお話させていただいたこと、お気に召していただいた内容も細かく共有することで、その想いをのせながら各セクションのスタッフが新郎新婦様とのお打ち合わせに臨めます。この細かい連携こそがトータルコーディネートの完成度を高くし、新郎新婦様にご納得いただけるご提案につながります。また、ご試着時に長い時間お話をさせていただけることで、当日までの不安な気持ちなどもキャッチアップができます。新郎新婦様に楽しく安心してご準備も進めていただけるよう、スタッフ間のコミュニケーションを密にとり、チームとしてサポートさせていただきます。

水谷さんにとって結婚式とは?

“感謝の気持ちを伝える場”です。おふたりの結婚式に訪れるゲストが一番楽しみにされていることは、晴れ姿が見れることではないでしょうか。特に親御様やご親族様は、新郎新婦様がこの晴れの日を迎えることをずっと楽しみに、見守ってこられたことと思います。感謝の気持ちの伝え方はさまざまありますが、新郎新婦様からの「育ててくれてありがとう」「これからもよろしくね」という想いを衣装にのせるお手伝いができること、その想いが大切な方に伝わり温かい気持ちが溢れる場がうまれることを、心から嬉しく思います。

“運命の一着に巡り合う”という言葉がよく使われますが、それは新郎新婦様のお好みのデザインと、おふたりのいいところを引き出す衣装をお引き合わせすることだと思っています。だからこそ、私たちドレススタイリストは1点1点のドレスやタキシードの良さをしっかり勉強し、その魅力を自分の言葉で語れるように日々スタッフ間で会話を重ねています。新郎新婦様の素敵なところをより輝きに導けるようにと、提案力を磨いています。自信をもってお選びいただいた衣装でゲストの前に登場し、大切な方からの祝福に包まれる新郎新婦様が最高の輝きをはなてるよう、お手伝いをいたします。

Flolist

Kanae Ito

伊藤 かなえ | フローリスト

おふたりの個性やメッセージが伝わるお花たちで

当日を彩らせていただき 笑顔に満ち溢れた空間に

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

ひとことで言うと、“チーム力”だと思います。ご期待を超える一日を創り上げるには、おふたりが心の底から喜んでいただけるご提案が何なのかを、セクションの垣根を越えて一緒に考えられることが非常に重要だと感じています。それが当たり前のようにできることが、エスクリウェディングの良さだと思っています。それぞれのセクションが新郎新婦様としっかり向き合いたいという姿勢がありますが、伺った情報以外にもお打ち合わせ時の服装やバッグ、スマホケースなど、お好みを把握するために感性を研ぎ澄ませて、ご提案イメージを膨らませています。

私も含めフローリストは皆、「お花の力で新郎新婦様に喜んでいただきたい」と本気で思いながら、常に変化するトレンドを捉えたり、技術を磨くよう切磋琢磨しています。また、フローリスト同士の結束力が高いため、お花の品質管理や制作、セッティングを皆がより良くするために会話を重ねることでき、自信をもって結婚式当日を彩るお花をご提供できています。その想いを他セクションのメンバーも理解をしてくれているからこそ、新郎新婦様目線での会話がなりたち、さまざまなご提案内容がうまれるのだと感じています。新郎新婦様がご提案内容に喜んでくださり、実際にカタチになり、喜びや感動のお言葉をいただけた瞬間の感動は、何にも代えられません。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

新郎新婦様にとってのベストなご提案ができることです。お花は結婚式当日までカタチにすることができません。だからこそ、当日に「イメージ通り!」と喜んでいただけるように、さまざまな目線から、おふたりのご希望や魅力を最大限に引き出すお花を目指しています。例えば、ブーケやヘッドパーツを創る時も、おふたりを担当させていただくドレススタイリストやヘアメイクアップアーティストの意見を取り入れます。「ご新婦様は小柄でいらっしゃるから、ヘッドパーツの花材はこれくらいの大きさにした方がお似合いになる。ドレスのボリュームとのバランスも良くなる。」など、おふたりのことを一緒に思い浮かべ、想像しながら創り上げています。お花のことを、フローリストと同じ目線で会話してくれる各セクションのメンバーには、本当に感謝しています。

新郎新婦様と直接お打ち合わせをさせていただく中で、こだわりたい内容やイメージを一緒に膨らませ、フローリストとしてカタチにしていくことはもちろんですが、ドレスやヘアメイク、空間デザインなど、トータルで見た時により魅力的なおふたりに彩らせていただけるのは、チームの力なくしてはできないことだと思います。連携する各セクションへのリスペクトはそのままに、これからも同じ熱量で新郎新婦様の特別な一日を彩らせていただきます。

伊藤さんにとって結婚式とは?

“いつまでも憧れのステージ”です。幼い頃に親戚の結婚式に出席した時、たくさんの方に祝福され、いつもより何倍にもキレイな花嫁様を見て、結婚式ならではの華やかさやキラキラとした空間に魅了されたことを、今でも鮮明に覚えています。ブライダルのフローリストは、会場全体の空間そのものを創り上げる非常に重要な役目を担っています。大切なゲストが会場に入った時に、一番最初のおもてなしとなるのは空間そのものであり、そこにはおふたりの個性やメッセージが伝わるお花たちが広がります。おふたりが不在の時間帯でもおふたりの想いを代弁するような、そんなキラキラした時間・空間をゲストの皆様にお届けできたらと思っています。

そのために、私自身の技術を磨き続けることはもちろんですが、おふたりのご希望を引き出し、寄り添いながらカタチにできるよう、まっさらな気持ちでお打ち合わせに臨むことを大事にしています。ウェディングドレスのように純白な心で、おふたり色に染まれるよう、つねにニュートラルであることを心掛けています。 当日までカタチにならないお花だからこそ、「伊藤さんになら安心して任せられる」と仰っていただけるようにお打ち合わせを重ね、おふたりの結婚式当日の笑顔を楽しみに、日々邁進しています。

Hair make

Ayaka Kikuchi

菊池 彩花 | ヘアメイク

人生で最も美しい姿へのお支度を

常に最高の状態でいていただけるよう

おふたりの近くでサポートします

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

新郎新婦様の想いをくみとり、結婚式を彩りたいと思っているスタッフが多いことです。私たちヘアメイクは、結婚式の前にご新婦様とヘアメイクのリハーサルを行います。その時にはドレスやお花も決まっており、どんな空間に彩られるかというイメージが少しずつ湧いている状態です。事前に各セクションのスタッフから、新郎新婦様がひとつひとつ丁寧にお選びになられたアイテムの背景や想いを確認し、その想いをヘアメイクにどうのせるかをイメージしています。ヘアメイクのスタッフ同士でも意見を出しあいながら、トレンドも鑑みたご提案ができるように技術を磨き上げています。

チャペルや会場に佇む新郎新婦様を一緒にイメージしながらリハーサルをさせていただきますが、その内容はプランナーやドレススタイリスト、フローリストにも共有します。それぞれがお打ち合わせ時に伺ったおふたりのこだわりを、ヘアメイクの力でより魅力的に彩れているかを確認しています。結婚式当日に想いが詰まったアイテムで美しく彩られた新郎新婦様。お支度後に満面の笑みでお写真撮影をされているおふたりを拝見すると嬉しくなり、カメラマンやプランナーなど、色々なセクションのスタッフと「今の表情かわいいです!」など、思わずお声がけをしてしまいます。一日中そばでサポートさせていただきながら、おふたりの美しさをゲストにお届けできたらと思います。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

新郎新婦様に安心して臨んでいただけることです。スタッフ間の事前のすり合わせはもちろんですが、結婚式当日にも細かく連携をとることで、型にはまらず新郎新婦様の当日のお気持ちに寄り添ったご提案ができるようになります。私たちヘアメイクは、新郎新婦様が会場にご到着された時に、一番最初にお迎えをさせていただくスタッフになります。おふたりの顔色や表情、ぽろっと仰る一言からお気持ちを察することで、これから始まる一日を存分にお楽しみいただけるように、ケアをさせていただいています。例えば、ご新郎様に腕時計を外していただくようお願いした時に、「これはご新婦様からもらった大切な時計なんだ。」とお話いただいたことがあります。思い入れのある大切なアイテムだと分かれば、そのまま身に着けていただき一緒に時を刻んでいただくことはもちろんですが、カメラマンと連携することで、腕時計も一緒に素敵なお写真を残していただくご提案ができるようになります。

結婚式はさまざまな想いが重なる空間です。おふたりの一番近くでサポートをさせていただける存在だからこそ、細かいところまでキャッチアップをさせていただくことができます。その内容をおふたりの結婚式に携わらせていただくスタッフと連携させていただくことで、結婚式当日であってもご提案の幅が広がり、新郎新婦様の笑顔が溢れることを心から嬉しく思います。

菊池さんにとって結婚式とは?

“人生で最も美しい発表会”です。新郎新婦様にとって大好きな方々が一堂に会し、運命の一着を纏い、ゲストを思い浮かべながら料理やお花を選んで、感謝の気持ちを伝える場です。ご新郎様にとっては、大切なご新婦様をご自身の大切な方にご紹介できる場になりますし、それはご新婦様も同じです。親御様から見たら、今のおふたりにとって大切な方々にご挨拶ができる貴重な機会だと思います。結婚式以外にこのような経験はなかなかできないからこそ、ひとつひとつ丁寧に、理想をカタチにしていただけるように私たちがいます。

私たちヘアメイクは、そんな特別なウェディングステージを最高に美しく彩ることを目指し、常に自分自身の技術を磨き続けています。特にご新婦様は、この日のためにさまざまな努力をされ、臨まれていらっしゃいます。ご新婦様の努力の結晶と、私たちヘアメイクの技術力で、人生で最も美しい姿へのお支度をお手伝いできればと思っています。また、美しい姿とは、ウェディングドレス姿も含めたトータルコーディネートです。一瞬でいかにウェディングドレスをキレイに魅せるかも、一日中おふたりのそばにいる私たちヘアメイクだからこそできる彩り方だと思います。ゲストの方から見て常に最高の状態でいていただけるよう、おふたりの近くでサポートさせていただきます。

Photographer

Kohei Shiotsuki

塩月 公平 | フォトグラファー

おふたりの感情や表情を記録に残すために

一瞬一瞬を狙って撮影

会場内のあらゆる笑顔と感動をおさめる

エスクリウエディングの魅力は何ですか?

“アットホームな雰囲気”です。結婚式は当日の話が持ち上がりやすいですが、新郎新婦様にとっては事前の準備も思い出となる時間です。その事前準備では、プランナー以外にもたくさんのスタッフが直接お打ち合わせをさせていただきますが、このお打ち合わせをどれだけ楽しく進めていただけるかも非常に重要だと感じています。プランナー含め他のスタッフも皆、新郎新婦様と昔からのお知り合いだったかのように会話を弾ませている様子を見ると、この瞬間をも記録に残したいと思わず思ってしまいますし、「どんな一日になるんだろう」と結婚式当日が待ちきれなくなります。おふたりに「打ち合わせに早く行きたい!」「スタッフに会いたい!」と思っていただけるような、居心地の良い場所になれているのであれば嬉しいです。

スタッフ間で新郎新婦様にどんなご提案ができるのかをキラキラした眼差しで話をしているところも、良いところだと思います。私はカメラマンという立場で、他セクションから共有される新郎新婦様の想いやこだわりを把握し、空間デザインと照らし合わせながら、どこでどんな表情をおさめたらおふたりに喜んでいただけるのかを常に考えています。そんな想いが新郎新婦様に伝わることで、結婚式当日におふたりの新たな表情を引き出せるのではないかと感じています。

チームで創る結婚式の素晴らしさとは?

“新郎新婦様の魅力を引き出せること”です。結婚式当日は、お支度の後に写真撮影をされる方が多くいらっしゃいます。大勢のスタッフとカメラ機材に囲まれ、写真を撮られるご経験はなかなかないと思います。その分緊張されることと思いますが、事前にプランナーや他セクションのスタッフが伺っているおふたりのご趣味や共通点など、写真をおさめさせていただきながら会話が弾むことで、普段の柔らかい、おふたりらしい表情を引き出すことができます。また、スタッフ間の連携があることで、おふたりのこだわっていただいたポイントもしっかりおさめることができます。写真は後日撮り直しをすることはできません。だからこそ、この日の一瞬一瞬を、おふたりの自然な表情をどうしたら引き出せるかに、カメラマン以外のスタッフも力を貸してくれます。

新郎新婦様に信頼してお任せいただくことが大前提ですが、時に丁寧な言葉遣いがおふたりの表情を固くしてしまう場面もあります。一日の進行やその場面での緊張感など、おふたりの感情に寄り添いながら、おふたりの心がほぐれるように言葉を紡ぐことを大切にしています。限られた時間の中ですが、たくさんお話をさせていただきながら、おふたりとゲストの皆様のさまざまな表情をおさめさせていただきたいと思います。

塩月さんにとって結婚式とは?

“新郎新婦様の新たな一面を引き出せる場”です。結婚式当日、お披楽喜の後におふたりが口をそろえて仰ることは、「一日が一瞬だった。ワープしたようだ。」というご感想です。その瞬間瞬間に何を感じて、どういう表情でお過ごしになっているのかをご自身で認識できないくらい、濃密な時間をお過ごしいただいている証拠です。だからこそ、私たちカメラマンは、おふたりの感情や表情を記録に残すために、一瞬一瞬を狙って撮影します。結婚式ならではのスチール写真はもちろんですが、ゲストに囲まれながら笑っている時間など、大切な方々との自然な表情はプライスレスです。また、おふたりが当日に見れないような、ゲストの方の表情も後日おふたりにお届けできるよう、会場内のあらゆる笑顔と感動をおさめます。

「こんな感じで私たち笑っていたんだ」「お母さん、こんな表情をしていたんだ。こういう写真も撮ってくれて、ありがとう。」と、後日ご感想をいただくことがあります。目指しているのは、10年後や20年後、もっと先の未来も含め、新郎新婦様やおふたりの大切な方がこの日の写真や映像を眺めながら、想いを伝えあえる時間を築いていただけることです。この日を振り返った時に写真や映像が会話を弾ませる、そんな場を創っていただけるよう願いも込めながら、一瞬一瞬をおさめています。